プリウスZVW30ファン

プリウスの掲示板です。
プリウスの掲示板 メンテナンス情報やオフ会情報の告知などにお使いください。


プリウス(ZVW30)メンテナンスオールインワン

プリウス(ZVW30)のバンパー交換やテールレンズ交換・オイル交換ヘッドライト脱着、バンパー脱着など一挙収録したDVDを販売。総収録時間3時間45分の大ボリューム!!

作って欲しい車両ランキング
ページビューランキング
Cyber Garage Ranking
プリウスα(ZVW40)メンテナンスDVD
プリウス(NHW20)メンテナンスDVD
ランサーエボリューションメンテナンスDVD
インテグラタイプRメンテナンスDVD

プリウス情報(新着順)

プリウスαのボディコート

プリウスαのボディコート

プリウスαにボディコートをします。

ボディコートは、汚れ防止のためにぜひ行っておきたいものです。

作業は、コーティング剤をボディに塗るだけなので、作業としては難しいものではありません。

しかし、クオリティを追求するなら、さらにきめ細やかな作業が必要かと思います。

たとえば、パールホワイトのプリウスαのボディコート。

キレイな状態ならピカピカ光って美しいですが、汚れが目立ちやすいボディカラーでもあります。

プリウスαのパールホワイトのツヤ、輝きを保つ状態にしてから、コーティングをすることにします。

そのために必要となるのが、LED照明です。

デジタルでありながら、クリアな光特性を持つライトのため、塗装の状態をチェックするのに役立ちます。

LED照明を当てながら、下地処理を行います。

ボディをキレイな状態にした後、それをキープするためのボディコートを行います。

コーティングは新型リボルト・プロのコーティング被膜で汚れをガードしていきます。

こちらのコーティング剤は濃度100%のものです。

クオリティを追求するなら、濃度100%がおすすめです。

コーティング効果が高いうえに、塗装への負担がない無溶剤のものを使用します。

また、こちらのコーティング剤は、輝きとツヤがもたらされるだけではなく、膜厚が高くなります。

耐久性もかなり高いです。

硬化時間が短いため、作業時間を短縮できます。

プリウスαの美しさをキープさせるためのボディコートですから、コーティング剤にはくれぐれも気を配りたいものです。


プリウスαのダウンサス

プリウスαのダウンサス

プリウスαのダウンサスを考える場合、どこの部品を使おうか、迷ってしまうことがあります。

17インチのタイヤホイールの場合、プリウスαには、モデリスタのサスか、RS/Rのサス取り付けを考える人が多いようです。

ただ、乗り心地を考えるなら、ノーマルが一番かもしれません。

見た目を取るか、乗り心地を取るか、難しい問題ではあります。

要は、ドライバーの好み次第ということになるでしょう。

また、選ぶメーカーによって、バネ定数がUPしてしまうとか、ストローク不足になってしまうなどのような変化は現れるかと思います。

ここらへんは、実際にプリウスαのダウンサスを行った人の口コミを参考にしてみるといいかもしれません。

また、リモコンで減衰力を調整できる優れもののダウンサスもあります。

いろいろなメーカーから、多くの種類のパーツが発売されていますから、比較検討して、間違いのないものを選びたいですね。

プリウスαのダウンサスに、RS−rのTi2000をすすめる人は多いようです。

これだと、思うように車高を落とすことができます。

しかし、乗り心地はやや、硬くなるようです。

乗り心地よりも腰高感を減らすことを重視したい、という場合は、RS−rのTi2000を利用してみるといいかもしれません。

Ti2000でダウンサスすると、フロントは−25〜−20ミリ、リアは−20〜−15ミリ、ダウンします。

ノーマルと比べるとかなりの違いがあります。


プリウスαのタイヤ交換

プリウスαのタイヤ交換

プリウスαのタイヤを交換します。

タイヤとホイールは、前に乗っていた車から流用することにします。

当たり前ですが、前の車と今の車とは、ホイールのセンター径が違います。

プリウスαのほうが、ホイールのセンター径が大きいです。

その場合はハブリングを作って対処します。

社外のホイールを使う場合、ホイール径が大きいです。

なので、トヨタのセンター径に合わせたリングを入れると良いでしょう。

ちなみに、国産と外国産の鍛造ホイールを比べてみると、かなり違うことがわかります。

たとえば、国産のホイールとタイヤが18kgだったとすると、外国産のホイールとタイヤは18.5kg。

16インチから17インチとサイズアップしたにもかかわらず、500g程度の違いしかありません。

すごいですね、やっぱり国産ホイールは!

というわけで、プリウスαにタイヤとホイールを取り付けていきます。

ジャッキアップしてボルトを外し、付け替えましょう。

前の車と形状が違うので、純正品をつけたときのようにピタリとはフィットしません。

前のクルマにつけていたものは、オフセットが+45です。

なので、プリウスαに取り付けしたところ、少し中に入ってしまっています。

+35のホイールも用意してあったので、「こっちをつければよかったな」とも思いました。

しかし、こちらのホイールのほうが軽いのです。

そう考えて、今回はこれで良しとしました。

タイヤを交換するだけで、操作感がかなり変わります。

タイヤ交換したら、プリウスαを走らせてみましょう。


オリジナルパッケージ
プロフィール

みなさんのプリウスがもっと個性溢れるプリウスになるようにプリウスZVW30を隅々まで紹介して行きたいと思います(^-^)
エコカーだからチューニングしちゃだめなんて決まりはありません!自分だけのプリウスを作っていきましょう♪
 


プリウスファンサイトは、
「チャレンジ25キャンペーン」
に参加しています チャレンジ25

プリロード プリロード プリロード プリロード プリロード プリロード プリロード プリロード プリロード プリロード プリロード プリロード