プリウスZVW30ファン

プリウスの掲示板です。
プリウスの掲示板 メンテナンス情報やオフ会情報の告知などにお使いください。


プリウス(ZVW30)メンテナンスオールインワン

プリウス(ZVW30)のバンパー交換やテールレンズ交換・オイル交換ヘッドライト脱着、バンパー脱着など一挙収録したDVDを販売。総収録時間3時間45分の大ボリューム!!

作って欲しい車両ランキング
ページビューランキング
Cyber Garage Ranking

目 次

車高調の調整の為に、プリウスのサスペンションを交換

車高調の調整の為に、プリウスのサスペンションを交換

サスペンションは、車高調を調節する事ができますし、車の乗り心地も大きく変えることができるものとして、重要なアイテムという事ができるでしょう。

プリウス用のサスペンションにも、ローダウンサス、さらに、車高アップサスペンションなどが販売されていて、これによって、走行安定性をも追及する事ができるのです。

様々なサスペンションから、自分のプリウスにお好みのサスペンションを見つけてみましょう。

エスぺリアは、ローダウンサスの代名詞としても知られているメーカーのものです。

アクティブスーパーダウンは、プリウス用に販売されているダウンサスペンションで、バネレートは30%ほどアップしてくれます。

徹底したローダウンを狙っていく事ができる、ドレスアップを最優先としたサスペンションと言う事ができるでしょう。

タナベから販売されている、サステック、プリウス、ダウンサスペンションは、サスペンションのメーカーとして良く知られているタナベのもの。

サステックシリーズは定評のあるタナベの目玉商品となっています。

タナベのプリウス用ダウンサスペンションは、決してその乗り心地を犠牲にしてしまうことなく、スタイリッシュあるローダウンを可能にしてくれています。

スタイルをも追及したビジュアルを実現してくれている、ローダウンサスペンションとして活躍してくれるでしょう。

また、車高調キットを使う事によっても、プリウスの車高調を調整していく事ができます。


プリウス専門メーカーが誇るこだわりのエアロ

プリウス専門メーカーが誇るこだわりのエアロ

プリウスは、プリウスαなどを販売して、ハイブリットカーとしてもう知名度も抜群なメーカーとして知られていますね。

そのため、より洗練されたものをプリウスの専門メーカーは販売して、顧客の人気を集めています。

車の外観を整えて、その空調についても考えてくれるパーツとして、エアロパーツの存在は欠かすことができないでしょう。

ウィルセレクションから販売されている、プリウス用、エアロパーツは、この近未来カーのスタイリッシュなフォルムを飾るのには、ぴったりのエアロを販売してくれています。

プリウスの最先端、そして先進性を持ったハイブリッドの姿をエアロパーツという形で表現してくれ、ハイブリットカーだからといって、ドレスアップを諦めないという姿。

これからのハイブリットカーだからこそ実現できるエアロパーツは、ウィルセレクションからのものです。

同ウィルセレクションからは、更に、リアハーフスポイラーも登場してきています。

リアのハーフスポイラーは、車の全体像からしてみますと、そこまで目立たないものかもしれませんが、やはり車のフォルムをきっちりと引き締めるためにも、また、空気の流れを活かすためにも必要なパーツですよ。

エアロパーツは、そのまま純正の良さを生かすことができるような、未塗装のものがお勧めです。

下手に塗装がされてしまっているよりも、ご自分でカラーリングを決める事もできますし、プリウスの洗練されたイメージを崩しません。


プリウス専門のアフターパーツ、ウィルセレクション

プリウス専門のアフターパーツ、ウィルセレクション

プリウスを専門としたアフターパーツを販売しているメーカーとして、ウィルセレクションと呼ばれるところがあります。

こちらは、プリウスの様々なパーツを販売しており、よりプリウスを快適にして、使いやすいものを私達に提供してくれるようになっているのです。

例えば、エアロパーツやリップスポイラーといったように、とても大切なエアロパーツなども販売されているのですよ。

ウィルセレクションエアロパーツは3点セットのセット販売品から、サイドステップ、リップスポイラーといったところまで、フロントハーフスポイラーなども販売されています。

ブルーワイドミラーなどは、プリウスをより便利にしてくれる、ワイドミラー製品の一つ、より後方への視認性を上げるためには必要なものと言えるでしょう。

ウィルセレクションの、プリウス用エアロパーツは、プリウスの先進的なボディを、よりぎゅっと引き締めていくためには必要不可欠なもの。

プリウスと言えば、確かにハイブリットカーなのですけれども、ドレスアップを、純正だけで諦めてしまっている人もいるのではないでしょうか?そんなプリウスを、格好よく引き締められるパーツは幾らでもあるのです。

ウィルセレクションのエアロパーツがその良い例の一つと言えるでしょう。

ハイブリットカーだからこそ、格好よく乗っていきたい、というものが、多くのドライバーの本心でしょう。

ただのハイブリットカーではなく、もっとスタイリッシュなプリウスライフを目指してみてはいかがでしょうか?


プリウスを活躍させる、トラストのマフラー

プリウスを活躍させる、トラストのマフラー

マフラーはそのサウンドも楽しむことができますし、車のリア部分を固める事もできる立派なパーツという事ができるでしょう。

実際、マフラーを凝ってカスタマイズをする人は多いでしょう。

特に迫力のある車というものを目指している人にとって、マフラーというものは重要な役割を示してくれるはずです。

トラストは、そんなプリウスのマフラーを販売しているメーカーの一つ。

ハイクオリティなマフラーを販売する事でも有名ですよ。

トラストのプリウス用マフラー、ビートマックスTiは、メインパイプ部分はステンレスに、そしてテール部分はチタンの素材が使われているという、セミチタンマフラーになっています。

テール形状については、インナーカールというものを施していて、ラウンドシェイプデザイン。

チタン独特の鈍く、渋い色合いをリアビューに演出してくれるのです。

トラストのプリウスCSオーバルマフラーは、スタイリッシュ、スポーツなスタイリングを引き出すというテールエンドデザインで、マフラーは車のバンパーにマッチするような、洗練されたリアフォルムを演出してくれるでしょう。

オールステンレスにパフ仕上げを施して、高級感、そして、耐久性なども追及された、オーバルテールマフラーとなっていますよ。

トラスト以外にもプリウスのマフラーには様々なものがありますが、トラストのものは完成度も高く、サウンドも追及されているもの。

よりハイクオリティなサウンドを求めている人向けのアイテムと言えるでしょう。


プリウスをきらびやかに飾るためのLED

プリウスをきらびやかに飾るためのLED

LEDのパーツと言うものは、車を輝かせる事ができるというもの。

あたかもそれは宝石であるかのように綺麗なものをもたらすことができるでしょう。

LEDパーツとして知られるものとしては、LEDテールや、クリアーテール、コンビテール、また、フロントウインカーなどがあります。

こうした所に積極的にLEDパーツを導入する事によって、より華やかで綺麗な車を演出する事ができるでしょう。

ヴァレンティから販売されている、プリウスのジュエルLEDテールは、LEDBARだけで点灯する事ができるスモールランプとなっています。

思わず他の車の前を走りたくなってしまうような、そんな美しさを見せてくれるでしょう。

ブレーキランプに15個、ウインカーには14個、そしてバックランプには10個ものLEDが採用されている事によって、圧倒的な存在感を見せてくれるようになっています。

カラーラインナップも、シャープな印象で定番のものとされている、クリア・クロームカラー、シックなデザインが特徴的な、ライトスモーク・ブラッククロームカラーなどがあり、車両の一体感を表現する事ができます。

M-BROからは、プリウスのLEDハイマウントストップランプが販売されています。

テールを交換したときに、カラーに合わせて、ハイマンとストップランプをも変える事によって、また違った存在感を示してくれるという姿。

リアビューをよりハイグレードな姿として演出してくれるでしょう。

宝石のような輝き、LEDはそんなものをプリウスへともたらしてくれるのです。


プリウスをアイラインの目で決める

プリウスをアイラインの目で決める

プリウスの車のフェイス部分を決めるためのものとして重要なものとして、アイラインというパーツがあります。

アイラインという言葉が示しているように、そこはプリウスの顔部分としてとても大切な所となっているわけです。

アイラインを格好良くするために、様々なヘッドライト用パーツが販売されています。

それも、それほど装着が難しくないものとなっていますので、簡単にドレスアップをしていく事ができるでしょう。

バットベリースタイルのアイラインフィルムは、プリウスの目の部分を左右セットで販売してくれるというもの。

ネットや雑誌などでも話題になっているものです。

アイラインというものは、電飾用の高透明マーキングフィルム、つまりはカッティングシートが用いられており、カッティングプロッタによって、車種別にカットしたフィルムで、フィルムの位置決めが上手くできる貼り方、貼り方のコツなどがあります。

説明書がありますので、それを参考にしてみましょう。

アイラインを試してみたという人達からは、プリウスのブラックにオレンジなどを導入して、これだけで、がらりと印象を変えてくれたという事や、取付けも簡単で、人と違う雰囲気をすぐに味わう事ができた。

といったように、簡単に取付けることができるパーツの割には、雰囲気を変えることができるということで注目されているのです。

ただ、やはりきちんと貼付けなければならないというのが重要。

少しずれてしまったという声もきかれますので、なるべくずれて貼ってしまわないようにしたいものです。


プリウスマフラーマニアックス

プリウスマフラーマニアックス

プリウスのマフラーもマニアックなものを選べば、とことんマニアックなマフラーを手に入れていく事ができるでしょう。

マフラーカッターから、大迫力のサウンドを生み出すことができるものまで、実に様々なものが登場してきています。

大体の場合は、サウンド重視のマフラー、そして、ルックス重視のマフラーとに大別する事ができますが、その両方を兼ね揃えたマフラーもあります。

プリウスのマフラーメーカーとしては、エイムゲインなどのところが有名なものとなっています。

とは言っても、メーカーはここだけではありませんから、自分好みのマフラーを追及してみましょう。

マフラーの中でも玄人好みと言う事ができるグラージオ・シーオーから販売されているマフラーは、正統派のマフラーとして、より機能性を重視したマフラーとなっています。

プリウスのデザインを全体からドレスアップしていくためには欠かすことができないものと言えるでしょう。

もちろんサウンドも追及していきたいのが、マフラーの選び方の一つです。

中には、爆音などを追及しているようなマフラーもあって、こうしたものですと、迫力のあるサウンドを実現していく事ができます。

もちろん、あまりにもうるさすぎるのは近所迷惑などになってしまいかねませんけれども、適度に迫力のあるサウンドというものでしたら、存分にプリウスの迫力を発揮できるはずです。

より、ハイレベルで、自分好みのマフラーを取付けてみてくださいね。


プリウスの電装パーツにはこんなものがあります

プリウスの電装パーツにはこんなものがあります

電装パーツを装着する事によって、プリウスをより格好いい車、そして夜間にも映える車というものを実現していく事ができるでしょう。

視認性の向上についてはもちろんの事ながら、光という効果を使って、プリウスの車をより格好良いものにしてくれるはずです。

プリウスの電装パーツとしては、ユアーズのHIDというものがあります。

こちら、長年にわたって売れ続けているパーツとして有名なものとなっているのですが、それには、ユアーズの電装パーツにある、他の会社には真似のできないような特徴があるのです。

ユアーズのプリウス用電装HIDはバルブ、バラストなどの改良を幾度となく繰り返していき、信頼、そして実績もあるそうなのです。

夜間でもくっきり、そしてはっきりと、綺麗な輝きを見せてくれるでしょう。

視認性も抜群と言われており、寿命も長いのがユアーズのプリウス用電装HIDなのです。

ユアーズのルームランプLED FLUXタイプというものは、6500Kから、7000Kという明るさが用いられており、これは純白色から蒼白色のLEDになります。

さてそんな電装パーツなのですが、プリウスに取付るのが結構手間取ったりしたりする事もあるでしょう。

やはり回路をいじる事になりますので、電装パーツを取付けるのはちょっと、と思ってしまったりもしますね。

そうした時は、専門店に取付けをお願いしてみましょう。

ネット店舗などでもサービスの一環として、購入した電装パーツの取付けを行ってくれるようになっていますよ。


プリウスの高品質シートカバー

プリウスの高品質シートカバー

シートカバーを一新する事によって、全く新しい車の雰囲気というものを実現してみませんか?シートカバーというものは、車の内装の中でも、かなり大きな割合を占めるものですから、シートカバーの交換というものは結構大切なのです。

プリウスに対応した、そしてプリウスにぴったりのシートカバーは様々に販売されていますので、車のファッションセンスというものを磨いていってみましょう。

30系プリウスに対応した、シートカバー、クラッツィオのシートカバー本革パンチングタイプのものは、高級感あるシートカバーを販売しているクラッツィオから販売されているシートカバーになります。

アルカンターラパンチング仕様というものは、柔らかな手触りと、洗練された質感が印象的なものとなっています。

本革パンチングというものは、使い込むほどに馴染むという、最高級の本革の事です。

革というと、どうしても通気性が悪いのではないかと思ってしまいがちですけれども、パンチング仕様タイプのものでしたら、きちんと通気性があるものとなっているのですよ。

それでありながら、クラッツィオのシートカバーは、しなやかさ、そしてボリューム感もあるものとなっています。

シートカバーの装着というのも、一度に全て変えなければなりませんので、結構難しそうに思えますが、ソフトレザーは、装着もスムーズにしてくれるようになっています。

他にも純正シートの機能を損なわない設計が施されており、安心してプリウスに導入していく事ができるのですよ。


プリウスのレンズパーツをキメよう

プリウスのレンズパーツをキメよう

レンズパーツは、特にテールレンズなど、より車を輝かせる事ができるものとなっています。

電装パーツのカスタマイズも、簡単に装着する事ができるものが増えてきましたので、こうしたものを利用してみるようにしてください。

グラージオ・シーオーは、こうしたテールレンズやカラーレンズを販売している事でもよく知られている、定評のあるメーカー。

プリウス用のエクステリアコーディネートは、細部にもわたって、こった造り込みがされており、今までとは違うような、更にハイクラスな車としての姿を見せてくれるでしょう。

車の印象を変えてくれるカラーパーツを配する事で、よりハイセンスな愛車を演出していく事ができるでしょう。

カラーは、プレミアムオパール、シナジーブルーといったものがあり、自分好みのパーツを選ぶことができます。

カラーレンズを変える事によっても、プリウスのドレスアップは十分に決めることができます。

中にはブラッククリスタルテールレンズというものもあって、シックな印象も演出できますね。

テールレンズカバーは、リアのルックスを一変してくれる事ができるもの。

リアのクリアーテールを、レッド、そしてクリアーのコンビネーションは、目にも栄える存在となってくれるでしょう。

テールレンズカバーなどのパーツは、両面テープで貼りつけるだけという簡単な取付方法で装着をする事ができるようになっています。

簡単な装着で、初心者にもできるレンズカバーを演出しましょう。



プリウスのミラーウインカー、LEDで決める

プリウスのミラーウインカー、LEDで決める

プリウスなどの車に付けることができる、ミラーウインカーというものは、決して大きなパーツと言う事ができるものではありませんが、車に存在感を示すことができるものとしては注目のパーツという事ができるでしょう。

特に夜の視認性を上げることができますし、もちろん存在感も示してくれます。

プリウスだけに限りませんが、LEDの電装パーツならば、大きな存在感を示す事ができますし、安定した明るさを見せてくれます。

プリウスのドアミラーのワンポイントアクセントにはぴったりなものとして、ミラーウインカーリムというものがあります。

決して主役とは言い切れませんが、ドアミラーのワンポイントドレスアップをする事によって、その存在感を大きく増すことができるでしょう。

製品の後方部分と、側面の形状を各ミラーごとに最適化してくれるようになっており、ウインカーの視認性をより確保してくれるようになっています。

光沢、強度などにも優れたABSの樹脂が用いられており、取付も、付属の両面テープで取り付けるだけと言う楽なものです。

ギャラックスのマルチLEDドアミラーウインカーは、3種類のライトを一つとして、高度なライティングパフォーマンスを演出してくれるもの。

そして3inLEDシステムというものは、ウインカーとデイライト、更にはウエルカムライトをプラスしていると言う3種類のシステム。

昼夜問わずに、更にシチュエーションも問うことなく、活躍をしてくれるライディングアイテムとなっています。


プリウスのボディコート

プリウスのボディコート

プリウスにボディコートをします。

汚れから守るためには、ボディコートはしておいたほうが良いと思います。

今までは洗車だけだったという人は、機会を見てボディコートにチャレンジしてみるべきです。

僕はそもそも、ワックスもかけていませんでした。

面倒くさがりなので、洗車後にワックスをかけ、さらにふき取るという作業が嫌だったのです。

洗車したら乾かして終わり!というのを、ずっと続けていました。

ワックスをかけなくても、コーティングをすれば、手間をかけずにキレイな状態を保つことができます。

面倒くさがりな人ほど、コーティングはおすすめです。

ボディコートは、手軽に入手することができます。

今回購入したのは、ガラス質の被膜をつくるというボディコートです。

耐久性は12か月。

プリウスに一度ボディコートをすれば、1年間は洗いっぱなしでもキレイな状態をキープできるということになります。

お値段は4500円でした。

プリウスのボディコートは、洗車をすることから始まります。

やはり洗車は基本ですね。

よく乾かして、水分がない状態になったら、いよいよボディコートをつけていきます。

専用のスポンジを使い、液体を塗り広げていきます。

乾くと白くなります。

太陽光で焼き付けることで、ボディコートの効果が出ますので、日に当てるようにしてください。

ちなみに、用意したボディコートは、塗装面だけではなく、ガラスや樹脂パーツもコートできます。

白くなったらしばらく放置し、プリウスを水洗いします。

そして乾かせば完了となります。


プリウスのフロントグリルメッキカバー

プリウスのフロントグリルメッキカバー

プリウスをよりスポーティーな形にして、プリウス30の差別化を図るためには、フロントグリルメッキカバーが重要な役割を果たしてくれるでしょう。

オールメッキでできており、3M両面テープが装着されているというものは、カスタマイズ初心者の人にとっても楽に取付ができます。

フロントグリルを簡単にドレスアップしたいという方はこうしたものを選んでみましょう。

フロントグリルメッキカバー自体の取付けはそれほど難しいものではありません。

しかしながら、奥までしっかりとはめこまなければなりませんので、これは注意しましょう。

ですが、基本的に正規販売されているフロントグリルカバーでしたら、きちんとプリウスの車にジャストフィットをしてくれるでしょう。

フロントグリルカバーを装着するだけでも、車の雰囲気はがらりと変わるでしょう。

アクティブモータリングスタイルから販売されている、フロントグリルは、よりハイブリットらしさやEVカーらしさというものを取り入れてくれるというもの。

完成されたスタイリングがあるものとなっていて、走行安定性を目的として、空力性能まできちんと熟考されたものとなっています。

バルサリーニのフロントグリルカバーは、ミニバン、そしてワゴンをユーロスタイルに仕立てる事ができるというもの。

シンプルながらも、エアロパーツらしい品格を見せてくれるでしょう。

より車をスタイリッシュにして、シックなラインを決めていきたい人にとっては注目のものとなってくれるはずです。


プリウスのドアミラーウインカーパーツを揃える

プリウスのドアミラーウインカーパーツを揃える

車を華やかにしていくためには、ドアミラーウインカーパーツなども極めてみましょう。

ブラッセンは、純正のドアミラーウインカーのレンズを交換すると言うだけで、一層スタイリッシュに見せてくれるパーツとなっています。

高輝度LED採用によって、視認性も向上して、安全性も高めることができます。

もちろん、スタイリッシュさを追求する事もできるものとなっていますよ。

レンズ中央のチューブがデイライトに点灯するようになっており、ウエルカムランプなどももちろん内蔵されており、ワンランク上の車であるような姿を見せてくれるでしょう。

フットランプシステムなども演出する事ができるようになっています。

ファブレスは、純正ドアミラーウインカーのLEDを交換する事ができるというもの。

スタイリッシュなプリウスを追及する事ができるLEDウインカーランプユニットは、10個のLEDを設置して、明るく視認性を向上させてくれます。

マップランプと連動させる事ができれば、ワンランク上の車種と同じように、ミラー下を照らすフットランプも演出する事ができるでしょう。

グラージオ・シーオーのミラーウインカーユニットは、ほのかな雰囲気を醸し出すことができる、ランプユニットになっています。

はっきりとした境界線を持つのではなく、あえて少しぼやけさせたようなラインで形成されており、それによって、インパクトのある姿、指摘ができないような美学というものを生み出してくれているそうなのです。


プリウスのためのLEDフォグランプユニット

プリウスのためのLEDフォグランプユニット

フォグランプユニットを導入する事によって、よりゴージャスなイメージのプリウスを実現していく事ができるでしょう。

特にLED、そしてHIDといった、今時のライトを使っているタイプのフォグランプはとても映える存在です。

プリウスなどの格好いい車には、正にぴったりのランプであるという事ができるでしょう。

プリウスに対して、こだわりを持っているメーカー、ウィルセレクションから販売されているものは、レクサスLSのデビューの時に大きな話題を集めたLEDが使用されているヘッドライトです。

ウィルセレクションは、このLedを使用した、フォグランプユニットの開発に力を入れ、従来からあった、純正から、ファッションLEDバルブへの交換の暗さを解消。

よりファッション性が溢れていながら、同時に実用性も追及しているユニットごとの交換タイプのものを採用しています。

純正のボディに、プロジェクター、マルチリフレクターを採用する事によって、最先端の輝きを持つLEDをより生かしていく事ができます。

装着についても、カプラーオンという簡単なものとなっており、プリウスの純正フォグランプと交換するだけで済むので楽です。

従来からある、LEDバルブのみの交換だけとは違う、非常に明るいホワイトの光を、プリウスのボディにもたらしてくれるでしょう。

車の目とも言えるほど重要な存在であるフォグランプ。

これを取り換えるだけでも、インパクトは大違いなのです。


プリウスのために活躍するマフラー

プリウスのために活躍するマフラー

プリウスのために販売されているマフラーは様々にありますね。

特に排気系統の事は考えず、その先進的な姿に目が行ってしまいがちのプリウスですけれども、プリウスに格好いいマフラーをつけようという人もいるかと思います。

何よりもサウンドを楽しみたいという人向けのマフラーを紹介。

ブリッツは、様々な車のサウンドを格好いいものとしてくれるメーカーとして知られています。

メインサイレンサー部のみを交換する事によって、ノーマル部分で低中速域のトルクを保持したまま、サイレンサーの部分で、中高速域の抜けをしっかりと確保。

そのために、パワーアップをする事ができるのです。

ブリッツのニュルスペックバージョンは、プリウスの純正のタイプに比べますと、抜けが良いストレート構造を持っています。

独自のグラスウール素材が作用されており、消音効果もアップしているものとなっています。

オールステンレスSUS304が使われているものとなっており、新JASMA基準適合品となっているため、車検も問題なくクリアする事ができます。

ブリッツニュルスペックDTのマフラーは、ダブルチューブのテールエンドが特徴的な重厚なマフラー。

車種に合わせてテール径を3タイプラインナップにしてこだわりが持たれています。

ブリッツの刻印も入れられており、材質には耐久性の高いSUS304鏡面仕上げステンレスが使われています。

こうした素材が使われているため、車検も十分にクリアする事ができますよ。


プリウスのダウンサス

プリウスのダウンサス

プリウスのダウンサスを行います。

プリウスのダウンサスは、タイヤ外しから始まります。

フロントから作業していきましょう。

ストラットのネジを外します。

狭いので、カウルトップを外します。

ワイパーの位置をマスキングしたら、ワイパーアームを外します。

2か所のクリップを外します。

ツメを折らないよう注意しながら、カウルトップを外します。

ワイパーリンクとモーターが、ネジで3か所固定されています。

これを外すと、下のパネルが外れます。

すると、ストラットが見えます。

ストラットのネジを外します。

次は周りです。

ブレーキホースとスタビライザーリンクロッド、それにナックルボルトを外します。

このとき、ブレーキホースが引っ張られるので注意。

スプリングをスプリングコンプレッサーで縮めます。

ストラットマウントのネジを外します。

これで外れます。

次に加工です。

車高が下がる分を考え、2枚切り落とすことにします。

元通りに組み付けていきましょう。

完成したショックをプリウスに取り付けます。

反対側もおなじように取り付けます。

両方取り付けたら、ワイパー周りのパーツも、元通りプリウスに取り付けていきます。

続いてリアに取り掛かります。

リアはフロントと違って簡単です。

スプリングの下を棒で支えておき、ショックを止めている下のボルトを取り外します。

支え棒を下げます。

すると、スプリングが外れるので、ダウンサスを入れます。

これでプリウスのダウンサスは完了です。


プリウスのタイヤ交換

プリウスのタイヤ交換

プリウスのタイヤ交換を行います。

スタッドレスタイヤから、ノーマルタイヤに換装します。

必要なものは軍手と、ジャッキ、レンチ、マイナスドライバー、あとクロスレンチがあれば便利です。

レンチとジャッキは、プリウスの付属品を使用しました。

まずはプリウスの右後輪のタイヤ交換を行います。

ジャッキを右後輪より少し前にあるマウントポイントの下に置きます。

プリウスのタイヤのホイールキャップを外します。

レンチでボルトを緩めます。

ここでボルトを外してはいけません。

ボルトがさび付いていて、なかなか緩められない時は、レンチに足をかけて体重をかけ、緩めましょう。

すべてのボルトを緩めたらジャッキアップします。

しかしその前に、交換するタイヤの対角位置のタイヤに輪留めをしておきましょう。

今回は右後輪のタイヤを交換します。

なので、左前輪のタイヤに輪留めします。

輪留めは、大きな石でも代用可能です。

タイヤが1cmくらい浮くまでプリウスをジャッキアップします。

ここでボルトを緩めましょう。

これにはクロスレンチを使うのがやりやすいです。

すべてのボルトを外したら、タイヤを外し、交換します。

さっきとは逆の手順で、ノーマルタイヤを取り付けていきましょう。

ボルトを仮止めします。

ジャッキを下します。

このとき、留め輪をプリウスの車体の下から出すのを忘れないようにしましょう。

タイヤが地面についたらボルトを締めます。

すべて締めたら他のタイヤの作業を行います。

テスト走行をしてみましょう。

ボルトが緩んでいないかチェックしてみて、大丈夫そうならホイールキャップを装着します。

これで作業は完了です。


プリウスのセキュリティに。

プリウスのセキュリティに。

ギャルソンなどから

プリウスなどの愛車をしっかりと守るために、きちんとしたセキュリティシステムを導入していってみましょう。

最近のセキュリティシステムは、高性能でありながら、取付けも非常に楽なものとなっていますので、誰でも簡単に取付ける事ができるのです。

さて、ギャルソンから販売されている、プリウス用セキュリティシステムがあります。

ギャルソンと言えば、カーインテリアなどに豪華なものをもたらしてくれるメーカーとして、様々なインテリアパーツを販売していますが、それだけではなく、セキュリティシステムも販売されています。

ギャルソンから販売されている、プリウス用セキュリティシステムは、ナイトサインです。

これは、クリスタルの輝き、そして青く光り出す、DADロゴの姿が、セキュリティ装着車であるという事を示してくれます。

夜にはその輝きを放ち、セキュリティシステムというだけではなく、ムードある雰囲気を見せてくれるのですよ。

セプチからは、プリウスの車に取付ける事ができる、ハンドル、ブレーキペダルを、特殊なロッドによって、がっちりと固定する事ができるものとなっています。

これによって、十分な盗難防止となってくれるのですね。

面倒な配線、取付け工具といったものが不要となっており、こうした、ペダルロックは、海外では車1台に対して、1本は必要と言われている程のセキュリティパーツとなっています。

他にも様々なロックをする事ができるパーツはありますが、直接ペダルをロックできるようなものとしてはぴったりでしょう。


プリウスのステアリングを交換してみよう

プリウスのステアリングを交換してみよう

ステアリングを交換してみれば、プリウスも今までとは違った乗り心地、そしてドライビング感覚を味わう事ができるでしょう。

シルクブレイズから販売されている、スポーツステアリング30系タイプのものは、高級感あふれるピアノブラックのスポーツステアリングが特徴となっているもの。

こちらは、スポーティーなフォルムのガングリップの形状が特徴的なものとなっています。

手に吸い付いてくれるような、ガングリップのスタイリング、それによって、デザイン性がアップして、フィット感もアップしてくれるものとなっています。

これは、パンチングスタイルのレザーを使用されているというもの。

滑りにくい上質のレザー素材が使われており、フィット感も最高クラスのもの、ハンドルを握る手に対してしっかりと馴染むので、快適な操作を実現してくれるでしょう。

ハンドルの操作中に、もし手が滑ってしまったら。

そんな事を考えた事はあるでしょうか?もしそんな事があったら、重大な事故につながってしまうでしょう。

プリウス30系のZVW30系ガングリップコンビステアリングは、純正のエアバックに対応しているもの。

純正のステアリングと交換を行うだけで、プリウスは高級かつ、更にスポーティーな印象を見せてくれるでしょう。

高品位多重層コーティングがされているこちらは、ピアノブラック塗装がされており、全8層もの硬被膜塗装がされており、透明感、そして奥行き感を表現してくれるようになっています。


プリウスのシートカバーを変えるためのコツ

プリウスのシートカバーを変えるためのコツ

シートカバーを変えていくためには、いくつかのコツがあります。

ただ闇雲にシートカバーを変えていったとしても、あまり良い結果を生まないので、メーカーやショップが提示しているテクニックを調べてみましょう。

プリウスのシートカバーを選ぶ場合、ただ高級なものを選んでいけば良いというわけではありません。

まず重要になってくるのは、カーライフに似合ったシートカバー選びと言えるでしょう。

プリウスだけでも相当な数のシートカバーがありますけれども、それだけの種類があるという理由はやはり、快適なシートでドライブを楽しむための、種類と言えるものなのです。

例えば、シートカバーメーカーとして有名な、クラッツィオは、様々なシートカバーを販売していますが、素敵に、楽しいシートカバーを提供してくれています。

まず、くつろぎを重視される方、質感と高級感を味あわせてくれるようになっています。

そして、装いを求める方は、さりげなく本物を装うような、ラグジュアリースタイルのものを選ぶと良いでしょう。

もっと楽しみを求めていきたいという人は、気軽にドレスアップを目指していく事ができる、ベーシックシリーズのものが良いでしょう。

よりカジュアルで、スタンダードなものを選ぶと良いシートを選べます。

その他、プリウスのように高級感あふれる車を持っている方は、せっかくですから、その純正の良さを損なわせてしまってはなりませんね。

純正の良さを生かす。

そんなシートカバーも販売されていますよ。


プリウスのエイムゲインの渾身のマフラー

プリウスのエイムゲインの渾身のマフラー

プリウスのマフラーも極めていけば、実に様々なものがある事が分かるでしょう。

特にマフラーについては、とことん極めていきたいという人も多いかと思います。

さて、エイムゲインの名を知る人は多いかと思います。

2010年の東京オートサロンにおいて、優秀賞を受賞したというこのエイムゲインのメーカーですが、プリウス用にマフラーを販売してくれているのです。

その名も、30プリウス用エアロ、「HYBRID」と呼ばれるものになります。

これは、ラグジュアリーな雰囲気のスタイルを追求しており、ノーマルのプリウスではどうしても欠けてしまう、高級感をプラスしていると言う内容のもので、とてもスタイリッシュな印象を感じさせ、ワンランク上の雰囲気を楽しむことができます。

このプリウス用マフラーの、フロントバンパーは、ツインフォグの印象、そして、フォグとウインカーを設けて、エコカーとしての雰囲気をも出してくれるようになっています。

LEDデイライトなども取り付けられていて、フェイス部分をきちっとアレンジしてくれるのです。

サイドステップ部分には、キャラクターラインも入れて、シンプルな造形に仕上げ、そしてリアバンパー部分は、レクサスLSの後期フィニッシャーを取り入れる事によって、マフラーを変えていなかったとしても、マフラーの存在感を出すと言うコンセプトになっています。

ルーフウィング部分の小ぶりな柄についても、逆反のデザイン表現が現れており、存在感と共に、ドレスアップとしての姿を楽しむことができますよ。

プリウスはエコカーですから、それにさらに、ラグジュアリーのスタイルを入れた、徹底追及のエイムゲインエアロと言えるでしょう。


プリウスのエアロ、取付けの注意点

プリウスのエアロ、取付けの注意点

プリウスだけに限ったことではありませんが、エアロパーツを取付る際は、注意しておかなければならない事が幾つかありますので、これを知っておくようにしましょう。

まずは適合についてですが、エアロ、マフラー、そして車高調などといったように、足回りが関係をするようなパーツは、主に2WD用に開発されています。

もし4WDに乗る場合は、別途に確認する必要があるのです。

エアロに関しては、フルバンパータイプのエアロを装着する場合、例えば、リア用のエアロは純正のマフラーの位置をずらすなど、きちんと作業を必要とする場合があります。

どういった作業をしなければならないのかと言う事については、きちんと問い合わせてみましょう。

また、マフラーを装着する際には、純正のバンパーの加工が必要になるような事があります。

純正のバンパーの形状や、マフラーの形状によって、この加工が必要かどうかという事が変わってきます。

純正バンパーの形状、マフラーの形状によって異なるもの、加工が必要かどうか知りたい人は問い合わせをしてみると良いでしょう。

また、車種やマフラーによって、出口とタイコの間にパイプが入る物、入らないものなどもありますので、出口のデザイン、マフラー機能などを選びましょう。

プリウスの場合、エアロパーツは豊富にありますけれども、あまりカスタマイズをしてしまうと、車検に通らないような事もあります。

こうなってしまっては元も子もありませんので、車検の事は常に気にしておくようにしましょう。


プリウスのインテリアパネルで色調アップ

プリウスのインテリアパネルで色調アップ

プリウスの車専用のインテリアパネルは様々なものが販売されていて、シートカバー以上に自分なりのコーディネートを目指していく事ができるでしょう。

例えば、カーナビバイザーなど便利なパーツもあります。

代表的な色調のものとしましては、茶木目やカーボン、黒木目やブラックカラーのもの、ホワイトカーボンなど特徴的なものがあるのです。

どれも高級感あふれる姿を見せてくれるものとなっていますが、やはり、自分の車のシートカバーや、色調に合わせておくべきだと言えるでしょう。

セカンドステージから販売されている、プリウス用ドレスアップインテリアパネルは、木目シートの上に透明アクリル板があるために、実際の木目に傷がつくような事がありません。

耐久性にも優れたものとなっていて、様々な形状にもきちんと対応してくれるでしょう。

安心の国産品質と、納得のフィット感によって、車内の雰囲気を大きく変えてくれると言うプリウス20系インテリアパネルは、貼付けタイプとなっていて、簡単な取付け方でありながら、きちんと車内に取付ける事ができるようになっているものです。

インテリアパネルを変えるだけでも、車の中はがらりと変わってくれます。

少しの事で傷がついてしまいそうな不安がある、繊細そうな木目調のインテリアパーツですが、最近販売されているものについては、コーティングというものがきちんとされていますので、これが傷から守ってくれるようになっているのです。


プリウスのあると便利な様々なエアロパーツ

プリウスのあると便利な様々なエアロパーツ

エアロパーツといっても千差万別と言えるでしょう。

リップスポイラーやリアバンパーというものは、もはや定番のものとなってきていますが、プリウス用に、少し変わったエアロパーツが登場してきています。

プリウスの、メッキフロントグリルモール、バンパーメッキモールは、ハイグレードなビジュアルアップには欠かすことができないものです。

高級感を高めることができるメッキグリルアイテムで、プリウスのフロントバンパーや、グリルのモールなどを、ステンレスの素材を使う事によって、ぐっと引き締めてくれるでしょう。

CHROME GRILLEから販売されているメッキモールならば、日本製であるために、ロークオリティーという事は無く、質感も満足していく事ができるでしょう。

プリウス用に販売されているシャークアンテナカバーは、ルーフ上のアンテナボールを、シャークアンテナにする事ができるというエアロパーツ。

純正アンテナの感度が失われてしまうようなこともなく、ヘリカルコイルを内蔵した、本体へアンテナを装着する事によって、機能をそのままに、スタイリッシュなデザインを追求できるでしょう。

グラージオ・シーオーからは、カラードルーフアンテナカバーなどが発売。

グラージオのエクステリアコーディネイトは、ダミーアンテナのような純正を損なってしまうような事無く、両面テープで簡単に貼り付けることができるエアロパーツです。

プリウスのエアロパーツといっても様々にあります。

極めればきりがありませんが、自分のスタイリングを追及していきましょう。


プリウスのHID、正しい取り付け方

プリウスのHID、正しい取り付け方

車のランプの中でも、一番大切なものとなっているレンズパーツがヘッドランプです。

プリウスの車のように、最近はコンピュータ制御の電圧変圧器で発光させるような、HIDを装着する事ができる車も増えてきました。

とは言っても、ハロゲンバルブの車もまだ多いというものが現実です。

ハロゲンバルブというものは、消費電力の割には発熱も多くて、HIDに比べると暗いというのが現状です。

かつてHIDのバラストを装着するのに苦労をしてしまった、取付が面倒そうだと思っているなど、そんなお悩みを持っている人は、説明書がついているキットなどが販売されていますので、こうしたものを利用してみましょう。

30プリウスをHID化する事ができるパーツを紹介します。

プリウス専用のLowビームHIDキットと呼ばれているものは、簡単に取付ができるようになっています。

ボンネットを開いて、ステーにセットをした、バラスト・イグナイターを指定位置にボルトで固定をして、その後で、純正のバルブを抜いてHIDバルブを装着。

そして配線をつなげれば完成をします。

従来からあったものですと、バンパーやヘッドライトの脱着などといったような、面倒な作業が結構あったのですが、説明書通りに行う事ができれば、数分で作業が終了するのだそうです。

HIDを実際に装着してみた人からの声によれば、これは相当に明るいものを実現してくれるパーツだそうで、車のドレスアップはもちろんの事ながら、視認性、安全性も増すのだそうです。


プリウスの、フロントリップスポイラーを決める

プリウスの、フロントリップスポイラーを決める

エアロパーツと言うものは、車をスポーティーな雰囲気にして、更に空気の流れまで調整をする事になるので、疾走感あふれる車に仕上げるためには必要になります。

プリウス用に登場しているエアロパーツですと、フロントグリル、アイライン、スポイラーなどといったものから、トータル的に全てのエアロパーツのカスタマイズをする事ができるものもあります。

ここでは、プリウスのフロントリップスポイラーについて紹介したいと思います。

フロントリップスポイラーは、車の顔部分を引き締めるためには重要なパーツとなってくれるでしょう。

グラージオなどのメーカーからは、プリウス30系前期に対応した、スポーツデザインの、フロントリップスポイラーが登場しました。

こちらのリップスポイラーは、グラージオのメーカーでは初のものとなります。

きちんとバンパーの前面にかかってしまう事が無く、あくまでも下部に設置すると言う、これは立派な正統派リップスポイラーと言われています。

純正のバンパー比からは10〜18mmの下がり幅という機能性を持っており、プリウスの存在感を主張してくれるような、エッジが効いている、シャープな躍動感を感じることができるでしょう。

リップスポイラーというものは、プリウスのエアロパーツの中でも、とりたて大きなものではありませんが、車の下部を引き締めるためにはなくてはならないもの。

プリウスをよりスポーティーな車にしていきたい人にはお勧めと言えるでしょう。


プリウスで目指す、プレミアムスタイルテールランプ

プリウスで目指す、プレミアムスタイルテールランプ

テールランプとは、車のリア部分を飾るために欠かすことができないものなわけですけれども、このテールランプを工夫する事によって、また、一段と上質なものにする事によって、今までとは違う車の姿を実現する事ができるでしょう。

特に高級感あふれるタイプのテールランプを選んでみたらどうでしょうか?今までとは違う、更にワンランク上の高級車に乗っているかのような姿を、周りに見せていく事ができるはずです。

バレンティジャパンから販売されている、ジュエルLEDテールランププリウス用のものは、鮮烈な輝きでプリウスを彩ってくれるというもの。

鮮烈に、より周囲を魅せるかのようなスタイルで、夜間に走る事が、もっと楽しくなってくれるはずです。

こちらのテールランプは、プリウスのLEDBARだけで点灯するスモールランプとなっており、美しい輝きをプリウスに実現。

ブレーキランプには15個の、そしてウィンカー部分には14個の、更にバックランプには10個のLEDが採用されている事によって、その姿は思わず、他の車の前を走りたくなるほどでしょう。

このバレンティジャパンのLEDテールランプは、ダークでワイルドな印象を与えてくれる、ライトスモーク/ブラッククロームタイプのものが登場しています。

保安基準適合品ともなっており、安心して取り付ける事ができます。

また、プリウスの純正リアフォグランプ装着車にも装着をする事ができるようになっていますが、純正リアフォグランプの機能がなくなってしまうので、これは注意しましょう。


プリウスエアロのブランド紹介

プリウスエアロのブランド紹介

プリウスのためのエアロパーツは販売されており、人気のあるエアロパーツを色々と揃えていく事ができるでしょう。

やはりメーカーごとにエアロパーツの雰囲気やコンセプトというものは異なります。

ご自分のお好みのパーツを見つける事はできるでしょうか。

グラージオ・シーオーは、他のエアロパーツでも有名ですが、フロントリップ、フロントウインカー、リアスポイラーから、リアガーニッシュまでをトータル的に販売してくれています。

グラージオのエクステリアコーディネイトでは、絶妙なパート選択、そして配分によって、欧州車を彷彿とさせるような、ビジュアルへと変貌させてくれています。

グラージオのコンセプトは、スポーツデザインにあり、です。

ジェーピーは、フロントハーフや、サイドマットガード、リアマットガードなどを販売。

衝撃にも強いウレタン製のエアロパーツは、価格も手ごろなものとして販売されています。

純正色設定なども用意されているのです。

ガレージベリー・ヴァリアントからは、フロントリップ、ルーフスポイラー、そしてトランクスポイラーなどが登場してきており、こちらは、控え目とも取れる雰囲気ではありますが、若干のアグレッシブさも持っており、きちんとした存在感を示してくれるエアロパーツと言えるでしょう。

Hスタイルは、ホクサンがプロデュースを行っているABS製のエアロパーツとなっています。

バックドアガーニッシュやリアスポイラーといったものが販売されており、大人の雰囲気があるラグジュアリーというものを感じることができるでしょう。


プリウス30系の、カッターマフラーマニアックス

プリウス30系の、カッターマフラーマニアックス

プリウスのマフラーには、30系用のカッターマフラーなどが非常に多く販売されています。

多様なスタイルを持つプリウスのマフラー、カッターマフラーを追及してみてはいかがでしょうか?LXモードからは、スタイリッシュなプリウスマフラーが販売されていますよ。

プリウス30系対応の、オーバル形状のマフラーカッターは、大口径90mmという大きさを持ち、これは純性ではとても実現する事ができないものとなっていて、その高級感も抜群なものとなっています。

取付けについても、付属のボルトで留めるという形になっているので、とても簡単に装着をすることができるでしょう。

面倒な溶接、加工といったものは必要ありませんので、マフラーカスタマイズが初心者の方であっても、安心して取り付けることができます。

排気音はそのままで、迫力あるフォルムを見せてくれる事が期待できます。

その他にも、カッターマフラーは様々に登場しております。

車検にも対応している、カッターマフラーテールフィニッシャーは、304ステンレスの強力なバンド止め仕様となっています。

カッターマフラーのインナー側部分に対しても、贅沢なステンレスを巻くという姿になっていて、テールエンドがしっかりと引き締まって、お手軽なドレスアップができます。

こちらのマフラーは、プリウスのW30の形式にしか対応していないものではありますが、純正のエアロに取付ける事ができ、モデリスタエアロにも装着が可能なものとなっているのです。


30系プリウスに、LEDバルブをもたらすために

30系プリウスに、LEDバルブをもたらすために

LEDユニットやバルブを用いる事で、よりプリウスの車を素晴らしいものへとしていく事ができます。

トヨタ車のプリウスの専用ライセンスLEDユニットと言うものが販売されていて、様々なタイプのものが登場してきていますよ。

例えば、プリウスを専用としたLEDライセンスユニットというものは、プリウスのオーナーにとっては見逃すことができないものとなっています。

9LEDを左右2個1セットにしているというもので、きちんと車検などにも対応している形になっています。

これはプリウスのライセンスユニットにとってはLEDのチップの数ももちろんの事ですが、明るさや色合い、そして耐久性においても、十分に期待を持つことができるものとなっているのですよ。

取付けについては、プリウス純正のバルブを交換するというだけで簡単に取付けることができるというのもまた魅力。

超広角の拡散性によって、ナンバープレート全体をもきちんと照射する事ができるようになっており、省電力によって、バッテリーの負荷も少なく、燃費の事も考えられたものとなっているのです。

プリウスの純正ランプというものは、少し黄色っぽいものとなってしまっていて、特にHIDを装着したものについては、アンバランスになってしまいがちです。

そのため、カスタマイズをして、消費電力も少なく、また明るいLEDのライセンスユニットは、ブランドアピールにもなってくれるでしょう。

価格的にはそれほど高いものではなく、定価で8,000円、ディスカウントされてもっと安くなる事もあります。


セキュリティを欠かさずに、マルハマのプリウスセキュリティシステム

セキュリティを欠かさずに、マルハマのプリウスセキュリティシステム

プリウスなり、あらゆる車なりですが、こうした愛車を守っていくために、セキュリティシステムの導入を検討なさってはいかがでしょうか?最近では単独のパーツだけではなく、きちんとセットで販売されている、セキュリティシステムがあるのです。

監視カメラやセンサーをプリウスの車体に取付けたりして、それは大変なものになってしまうのではないかと思いそうですが、取付けは簡単ですので、安心して下さい。

マルハマから販売されているものは、面倒な配線構造などは一切なく、各ユニットをシガーソケットに差し込むだけという簡単な仕様です。

それでありながら、警報時に写真撮影までしてくれるという機能が付けられており、画像はメモリーユニットにしっかりと保存。

そして、パソコンやテレビでの再生ができるため、万が一の時の証拠としても活躍をしてくれるのです。

マルハマのセキュリティシステムは、シンプルでコンパクトなボディに収まっていますが、高感度センサーも搭載されているため、あらゆる異常音についても素早く検出をしてくれます。

ドアが開いている、振動がある、衝撃、ガラスの破壊、人の接近やうろつき、更にはレッカー移動といった事まで、異常を振動センサーなどでしっかりと監視してくれるようになっているのです。

また、各々のセンサーはきちんと感度調整ができますので、プリウスの車体のサイズ、環境に合わせても設定する事ができるでしょう。

様々なモードがありますので、ちょっと買い物に出るときなどにも使えるのです。


オリジナルパッケージ
プロフィール

みなさんのプリウスがもっと個性溢れるプリウスになるようにプリウスZVW30を隅々まで紹介して行きたいと思います(^-^)
エコカーだからチューニングしちゃだめなんて決まりはありません!自分だけのプリウスを作っていきましょう♪
 

ランサーエボリューションStation

DC2専門サイト|タイプR ファン

ワゴンR(MH23S)専門サイト

フィット GE DIYサイト


プリウスファンサイトは、
「チャレンジ25キャンペーン」
に参加しています チャレンジ25

プリロード プリロード プリロード プリロード プリロード プリロード プリロード プリロード プリロード プリロード プリロード プリロード